フリーランス収入の注意

今まで、会社に所属し技術者として仕事をしてきた方は、毎月安定した収入を得ていたと思います。お給料日には、毎月しっかりとお金が振り込まれていたことと思います。給与が振り込まれたら、これは全て自分が使って良いお金となりますから、自己管理しながらお金を使っていたでしょう。しかし、フリーランスとなれば同じような金銭の使い方ではなくなってくるケースが多いのです。

ここで、フリーランス収入の注意についてご紹介しましょう。フリーランスとして仕事をする際には、収入はそれぞれの仕事を終え、報酬として得ることが出来ます。クライアントによっては仕事の納期も異なるでしょうし、締日や支払日なども異なるでしょうから、予定よりも遅くに報酬が入ってくることもあるため、その点を注意しておく必要があります。そして、報酬が振り込まれた際には、これらすべてが収入とはならないことを頭に入れておく必要があります。フリーランスになれば、自分で税金などを支払う必要があります。支払われた報酬は、あくまでも税金など引かれていない金額となっていますから、全てを使ってしまうと後々大変なことになってしまうのです。

また、この報酬から仕事で必要となる費用も支払われることになりますから、これらも考慮した上で管理していくことが重要となります。「報酬が入った」と喜んで使ってしまう方もいますが、これでは後々の生活に支障をきたしてしまう恐れがあるため、しっかりと計画を立て管理していくことが必要となります。このように、フリーランス収入は会社勤めの時のお給料とは変わってきます。お給料の感覚でいると後々後悔することになってしまうので、計画を立てて使うように心がけましょう。税金が支払えなくなってしまったり、必要経費が払えなくなってしまうと、フリーランスとしての経営に支障をきたしてしまう可能性があります。フリーランスと企業エンジニアにおける金銭管理に違いをしっかり考えておくことも独立には欠かせないポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です